パン屋さん

パン屋さんをあちこち巡るのは楽しい。
散歩をしていて途中でおいしそうなパン屋さんを見つけると思わず立ち寄りたくなる。
毎日の通勤路にあるパン屋さんもなかなか入ることはできないけれど、必ずといっていいほど中を覗いてしまう。
狭いスペースの中に所狭しと、いろんな種類のバゲットや菓子パン、サンドウィッチとか並んでいるのを見るのが楽しい。
一人で食べられる量は決まっているから、何か欲しくて行くときは選ぶのが大変であるけれど、それでも楽しい。
パン屋さんの朝パンが焼き上がってくる香りもたまらない。ふんわりいかにもおいしそうな香りが漂ってくるとそれだけで幸せな気分になってしまう。
今朝はつい根負けして普段通りかかるけれど入ったことのないパン屋さんについフラリと立ち寄ってしまった。
家で少し朝食を食べてきたので、それで済ませようと思っていたけれど、どうしてもパンプキンクリームの入った何かが食べたくなってしまった。
買ったのはパンプキンクリームが入ったクリームパン1つだ。幸い他に魅力を感じるパンがなかったから良かった。
食べたけれど、クリームがしっとりしていてけっこうおいしかった。私は一度頭に浮かんだ食べ物があると、食すまでなかなか頭からその食べ物が消えない。
手に入らなくて他の似たような食材で代用しても、結局その浮かんだものそのものを食べるまで収まらない。
だからきっと朝我慢しても、そのうち同じようなものをどこかに買い求めたに違いない。
パン屋さんは本当にたくさんある。駅中にあるし、デパートの中には必ず有名なパン屋さんが入っている。
デパートに入っているパンは少し値段が張るが、こだわりのパン屋さんが多くて、それなりにおいしい。
いろいろ巡るけれども、自分の好みのパンを売っているのは、それほど多くの店舗ではない。
普段はコンビニで、たまに給料日など、自分へのご褒美には少しおいしいパンを買って心をリッチにしたい。