Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/capoo.jp-squid/web/laurenlesko.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/capoo.jp-squid/web/laurenlesko.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/capoo.jp-squid/web/laurenlesko.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/capoo.jp-squid/web/laurenlesko.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
フランスのパン | 攻めの社会人サークル決定版!

フランスのパン

お菓子が有名なようにフランスのパンというと、何かステイタスを感じる。
現にフランス語の名前を冠したお店は多い。ドイツの名前も多いけれど。
ドイツ系のパン屋さんとフランス系のパン屋さんと比べたとき、イメージとしてはハード系で有色の粉を使ったパンが多いのはドイツ系、ソフトで白い粉を使ったパンが多いのがフランス系という感じがする。
そしてフランスの場合は、バゲットのようにシンプルなものもあるけれども、デニッシュやペストリーのようにバターたっぷりで甘いパンも多いイメージだ。
どちらかといえばシンプルなパンが好きだけれども、シンプルな場合はバゲットよりも、ライ麦や全粒粉を使った噛み応えがあって味わい深いパンの方が好きだ。
でもバゲットも某有名なフランス系パン屋さんのバゲットはバゲットを売りにしているだけあって、絶品である。
このバゲットにパストラミとかチーズとか挟んで食べると本当においしいのだと思う。
そうやっていろいろな具材を挟んだバゲットが売られているがデパ地下で買うようなものは、1つ500円くらいして意外に高い。その辺の弁当とサンドウィッチひとつが同じ値段だ。
遠い昔にフランスに旅したときに、現地で実にシンプルなバゲットサンドを食べた記憶がある。
チーズか、ハムか野菜か。どちらかといえば、いろいろな具材が入っている方が好ましいけれど、その時食べたバゲットは格別においしかった。
旅のおきまりで、現地で食べたから余計においしく感じられたということは否めないけれど、やはりフランスパンも本場で食べるとひと味違うのである。
きっと使っている粉とか水とか違うのだろう。
日本で食べる米と海外で食べる米が全く違うのと同じレベルで違うのだろうか。
そうすると普段食べているパン達もとてもおいしいけれど、それ以上のものが海の向こうにはあることになる。
パンは奥が深い。